sparklersの日記

自己顕示欲と羞耻心と。私に都合のいい私の話。

Jitterbug Intro Mulholland Drive


 先日観た舞台「空中ブランコ」のオープニングで使われてた曲。実はマルホランド・ドライブのオープニングで使われてた曲だったことを発見。

 舞台では映像とダンスが組み合わさってめちゃくちゃかっこよかった。あの舞台の中ではオープニングが一番楽しかったしわくわくしました。
 かっこいい曲と演出だったなーと思ってたところ、偶然録画してたマルホランド・ドライブを見まして。映画のオープニングで思いっきり聴いたことのある曲が使われてることに気づいて驚いた。
 ダンスの振り付けなんかはこの映像のまんまでした。舞台に映し出された映像も影が多用されてて、映画のまんま。
 マルホランド・ドライブはショービズやハリウッドの表裏、人間の願望のあり方を描いていると思うんだけど、舞台版の空中ブランコもショービズに携わる人間の悲哀を描いているので、そういうとこ少なからず意識されてるのかもなあ。されてるんだろうなあ。夢と現実が交錯するシーンが舞台にもあったし。
 この発見をしたことで、舞台版空中ブランコの価値は私の中で10倍以上に跳ね上がった。今回は空中ブランコを観た後になんとなくマルホランド・ドライブを見たくなったんだけども、これは両者に共通するものを感じたためなんだろうなと思う。マルホランド・ドライブの内容はなんとなく聞き知っていたから。いい出会いだったと思う。