sparklersの日記

自己顕示欲と羞耻心と。私に都合のいい私の話。

悪人 吉田修一

悪人

悪人


 面白かったー。舞台がよく知ってる場所だし方言のニュアンスも全部わかるから入りやすかった。けどそんだけだ…。
 なんていうか自分は読書に多くを求めすぎなのかなーと思っちゃった一冊だった。そりゃものすごく感動とか圧倒されるような本なんてそうそうあるもんじゃないよなあ。けど昔はもっと読書って楽しかったんだけどなー。大人になったってことかしら。自分で自分のツボがよくわからん。