読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sparklersの日記

自己顕示欲と羞耻心と。私に都合のいい私の話。

野鳥の会の長靴

 

持っていれば便利だろうなとは思いながらも、大学入学以来長靴を買ったことがなかった。レインパンプスとスニーカーでなんとかしのいで早10年以上、しかし今年一度目の大雪でさすがにこれはまずいと思い、二度目の豪雪が予報されてやっと真剣に長靴を探し始めました。ABCマートなら何かしらあるのでは?と行ってみたけど、15,000円くらい平気でするスノーブーツや2,500円くらいだけど靴底が平らなレインブーツしかなく断念。Amazonで人気のものをざっと見ても、高かったりデザインがぴんとこなかったり場所を取る形だったり。

そして見つけたのがこの野鳥の会の長靴。

 

 

 お値段が3,990円とお手頃、色のバリエーションは少ないけどいかにもな長靴っぽさはない。ゴリゴリのアウトドア系でもなく、カジュアルなのにそれなりに可愛らしい。さらに折り込めばハーフブーツにもなる。いろんな面で納得したので、公式サイト取扱店一覧を探し、試着しに新宿ディスクユニオンへ。  

普段は23.5cmの靴を履いているので、まずはSサイズから試着したところ、タイツを履いた甲高幅広な私の足だと爪先と靴横幅の余裕がジャストな感じ。厚手の靴下を履くことを考えてMサイズに。靴底の凹凸がしっかりしているかも気になっていたけど、その点もクリアしていたので購入。色はダークブラウンにしました。

ブーツ部分はくたっとした質感なので、自立はしないけど、折り畳んで持ち運べるのは良いです。履き口をゴムひもで絞れるのも良い。そして履いていることを忘れるような軽さ。

その翌日、太平洋側を二度目の豪雪が襲ったのですが、25cmの積雪の中でもこの長靴のお陰で特に支障なく歩き回ることができ、大いに満足。長靴としての機能は普通なのかもしれないけど、お値段とデザインと機能性どれも揃っているので本当に良い買い物をしたと思っています。

グーグル画像検索はこちら。雰囲気が掴みやすいかと。