読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sparklersの日記

自己顕示欲と羞耻心と。私に都合のいい私の話。

ロレッツ ドライニングスタンド

先日まで数年前に購入したニトリの適当な物干しスタンドを惰性で使い続けていたのですが、いろいろと納得していなくて買い替えました。

ニトリのもの、価格はさっぱり忘れてしまったけど、直径1cm以上の太いパイプが支柱で、折りたたむと幅10センチ以上。部屋干ししかしないので錆びたりはしなかったけど、ねじがあちこち緩んだり取れたりして面倒なことに。なにより、嵩張る割に干せる量が少なくて参ってました。幅80cmくらいのパイプが7本しかないので。

買い替えの条件として、

スリム

たくさん干せる

という2項目に絞って検索しまくり、このロレッツのものに決定。色はホワイトとシルバーがあるみたいだけど、白だと質感によっては安っぽくなりそうなのでシルバーに。

 

ロレッツ ドライニングスタンド シルバー 0113-001

ロレッツ ドライニングスタンド シルバー 0113-001

 

 

  実物はつや消しのシルバーで、ややざらついた質感。メタルラックみたいな照りとかツヤだと思っていたけど、それよりも悪目立ちしなくて良いです。90cm幅のワイヤーというかパイプが10本も並んでるので、以前の1.5倍くらい干せる。折り畳むと幅5.4cm。とにかく薄いので家具と家具の隙間なんかにおさまる。幅90cmというのは結構圧迫感があるかもな、と思ってたけど、畳めば薄いので気にならない。

あとこれは実際に何度か干してみて実感してるけど、足が長いので腰を曲げずに干せるところはとてもいい。以前のニトリのものが低かっただけかもしれないけど、腰を曲げないですむのはかなり体が楽なんだと知りました。時間短縮にもなるし。スウェーデンのブランドだから、あっちの人の体格に合わせると足が長くなるのかな。

以前は物干しスタンドとパール金属の物干しハンガーを併用していました

これ、プラのものより断然使い勝手はいいけど、金属部分がからまったり部品が外れたりで、消耗品と割り切り今まで3回くらい買い換えました。今はロレッツの物干しスタンドに細々したものも全部干せるから使わないで済んでいて、かなりストレスが軽減されてます。 

日常生活をうまく回転させるには、家事の効率化、ストレス除去って本当に大事だなと思うので、3,000円弱でこの快適さを買ったと考えれば十分元は取れました。生活やら営みのなかで本当にすべきことしたいことに集中するにはそれ以外のことをうまくこなす技術が必要だなとつくづく。