読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sparklersの日記

自己顕示欲と羞耻心と。私に都合のいい私の話。

アイドリング!!! 目には青葉 山ホトトギス 初恋

 先日のMUSIC JAPANの公開収録でいろんなアイドルを見てきたんだけど(2010.05.17 NHK MUSIC JAPAN 公開収録 ももいろクローバー以外のアイドルのこと - sparklersの日記)、振り返ってメモを書いてる時にアイドリングの曲をちゃんと聴きまして、これって派手じゃないけどいい曲だなーと思いました。


目には青葉 山ホトトギス 初恋 [初回限定盤A]

目には青葉 山ホトトギス 初恋 [初回限定盤A]


 歌詞がすてきだと思う。まだ発売されてないせいかネット上に歌詞がないみたいでリンク貼れないんだけど。
 一番のAメロ(っていうんだよね)の終わり

世界のすべてが キレイに映る
この気持ちは そうだあれだ 恋なんでしょう

 これって中高生ぐらいの子じゃなきゃ歌えないと思う。新緑が眩しい季節で、隣の車両にいる好きな人を見てて、っていう内容の歌詞に続く歌詞。
 それと一番のサビの終わり

ほほえみがコンティニュー
恋しようよレッミドゥ
心が踊るね ドゥドゥ ドゥビドゥ

 「心が踊るね」だから素晴らしくて、「心が踊るよ」じゃだめなんだと思う。ちょっとだけあなたに呼びかけてみるっていうのが大事!この曲、基本的には女の子の希望とか願望を歌っていて自己完結してるんだけど、この一節だけは外に向かっている。
 いい意味で当たり障りが無くって、素直でまっすぐで、きれいにできたフィクションの世界がある。
 歌い方も、ユニゾンしかなくって変に声張ったりせずに合唱みたいにまっすぐな歌い方で通しているので普遍的ないわゆる「初恋」の世界に入りやすい。悪く言えば個性がないんだけど、それがいい。
 ちなみに生歌はこう

 笑えちゃうくらい下手!!CDみたいにささやくような歌い方じゃ声量足りなく聞こえるだろうから、こういう歌い方しないといけないんだろうけど。でも、CDで聴くぶんにはすごく心地よい。
 作詞は誰がやってるんだろうと思ったら、作詞作曲共に奥村愛子だった!奥村愛子といえば「貞操問答」の!「くちびるセクシー」の!

 でも奥村愛子ファンに言わせれば奥村愛子で「くちびるセクシー」は邪道、らしいんだよね…この曲は異色らしい。他の曲も聴いてみようと思う。奥村愛子 - Wikipedia