読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sparklersの日記

自己顕示欲と羞耻心と。私に都合のいい私の話。

5th DIMENSION とか、ももクロのいろいろ

 セカンドアルバムはもちろん買いました。フラゲで初回盤A、ももいろ夜ばなしがついてるほう。
 で、まだ通して聴いてない……。うーん。別に嫌いになったんじゃないんだけど、曲に期待しなくなってしまったみたい。こないだの西武ドーム2daysもはなからチケット取ろうともしなかったし、テレ玉の中継も録画してたのを飛び飛びで観て、あんまり良いと思えなくて終わり。
 もはや、ライブに関しては2011年のももクリあたりから期待してないんですよね。あの演出に私はのれないので。去年の西武ドームも全くで、好きな何曲かだけわーっと盛り上がるという感じでした。去年までは曲に対する興味はまだ薄れてなかったと思うんだけど、今や曲にもあまり興味が持てず……。自然と気持ちが離れてしまいました。
 日産スタジアムはチケットも取りやすいだろうから、行く予定です。大舞台のももクロちゃんを観たいし。でも演出で萎えさせられるんだろうなーと思うと少し憂鬱ですが……。そもそも憂鬱になること織り込み済みで行くライブってどうなのよっていう。
 具体的に言えば、ライブの合間合間の中途半端な小芝居が嫌なんですよね。無駄なゲストとか。無印であかりんがいた頃の代々木公園フリーライブでも、オープニングとかで小芝居はあったけど、あれは大人側だって「妙な小芝居」という最低限の自覚はあるように見えたし、やってる本人たちも生ぬるさを楽しんでる感じで、一応あれはあれで成立してたと思うんですよ。
 でも今の小芝居はももクロを観に来てる人たちに失礼だと思う……。作られた生ぬるさや妙な感じとスケールが釣り合わなくて、本当につまらないことになってると思うのです。
 正直、今のももクロがどういう方向で世の中に(ここがヲタに、じゃなくて世の中に、になってしまったところがすごいな)求められてるのか自分には全くわからないので、上述のような演出を楽しんで必要としてる人もいるのかもしれない。でも自分が求めるものではないなと。
 3年以上昔からももクロを追っかけてたと言うと、「メジャーになっちゃったら寂しかったりとかってあるの?」とよく言われますが、寂しくはないんです。ただ、自分がももクロのターゲットからは外れてしまったかもしれないという現状は、メジャーになった結果なのかもなあ。
 怪盗のリリース直前にももクロを知って、あかりんの脱退を経て、Zがついて、という昇り龍のような目まぐるしい変化を間近で見たという経験は本当に得がたいもので、楽しかったです。いつまで自分の気持ちが続くのかわからないけど、愛着がある限りは何らかの形で追いかけると思います。インディーズベストも買うしね。

入口のない出口 (初回限定盤A)

入口のない出口 (初回限定盤A)


入口のない出口 (初回限定盤B)

入口のない出口 (初回限定盤B)